【あおり運転】の対策 被害に遭わないための対処法とは

近年、世間ではあおり運転による事件が騒がれていますが、日頃から車を運転している人であれば明日は我が身だと思います。もし、あおり運転に巻き込まれた場合、あなたならどのような対応をしますか?ここでは、あおり運転をされた時の対処法についてお伝えしたいと思います。

安全な場所に停車

【あおり行為】を受けたら、まずは安全に停車できるところ(駐車場や待機所など)を見つけて避難してください。高速道路では、SAやPAなどの休憩施設に避難するのがベストです。車線上や路側帯に停車してしまうと、後続車から追突される危険性があるので絶対に停車しないでください。

といっても、高速道路では何キロ先にSAやPAがあることなどザラにあります。しかし、それでも絶対に停車しないでください。もし、車の前で停められた場合でも【避けて前に出るか】、最悪【相手の車を擦りつけて(体当たり)てでも】停車しないことが大事です。

高速道路での後続車からの追突は死に直結するため、この状況での危険度は、あおり運転ではなく、後続車からの追突だということを認識してください。まずは、身の安全の確保が最優先です。

車から絶対に出ない

駐車場や待機所などといった安全な場所に避難することが出来たら、すぐに110番通報をしてください。その際に、相手が追って来ることもあるのでドアはロックしてください。

脅しや挑発を受けても、窓越しに話すのも絶対にだめです。あおり運転をするような異常な人と話し合いで解決することは無理だと思ってください。

すべてを記録する

相手がその場から逃げても、ドライブレコーダーやスマートフォンのカメラなどで一部始終を記録することで、その後の捜査などに役立つため可能な限り記録してください。同乗車がいれば、あおり運転をされた時点から撮影してもらうと良いでしょう。

日頃からイメージトレーニングをしておく

急にあおり運転をされた場合、恐怖のあまり落ち着いて行動ができないかもしれません。そうならないためにも、日頃からあおり運転をされたと仮定したイメージトレーニングをしておくと良いでしょう。例えば、「こういった場合は、○○の対応をする」というように、咄嗟の時でも冷静に対応できるよう、常にあおり運転をされた事を想定した考えを持っておくことが大事です。

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)