あおり運転対策 あおられてしまう人の運転の特徴3選

あおり運転という行為は、どんな理由があっても、あおった側が絶対に悪いです。しかし、目の前に変な運転をしている車がいればイライラする気持ちは分かります。あおり運転をする人を擁護するわけではありませんが、あおられる側にも少なからずの原因があり、その原因が分からなく運転をしている人が多く見受けられます。ここでは、あおられてしまう人の運転の特徴について解説していきたいと思います。それらの運転をしなければ、あおられる確率はグッと下がるでしょう。

自分だけの世界に入っている

よくあるのがルームミラーやサイドミラーなどを見ずに、ただ前だけを見て運転する人です。

例えば、【本線に合流するときに左右の確認をしっかりしないで合流し、本線を走行している車にブレーキを踏ませる】【ウィンカーを出さず(遅い)に進路変更する】【下り坂でエンジンブレーキを使わずに、ブレーキ(ペダル)を多用する】といった自分がよければ関係ないという運転をしていると、他のドライバーをイラつかせてしまう可能性があるので、周囲の状況を把握しながら運転してください。

追い越し車線をノロノロと走っている

これは、特に高速道路に多いと言われています。まず追い越し車線というのは、追い越しが終了した時点で、速やかに走行車線に戻らなければなりません(2キロ以上の追い越し車線の走行は違反)。つまり、追い越し車線は走行するためではなく、追い越しをするための車線なので、キープして走ってはいけないのです。そういった車線にも関わらず、ノロノロと追い越し車線を走っていたら後続車にとっては迷惑な話です。

追い越し車線を走る際には、後方に気を配りながら走行してください。

交通の流れに乗じてない

知らない道や慣れていない道だと運転に慎重になり、ゆっくり走りたいと思うかもしれません。しかし、前の車との車間距離が空きすぎていたり、坂道なのにメーターを見ずに平坦の道と同じ力でアクセルを踏んでいるなどの運転をしていたら、他のドライバーに迷惑がかかります。公道はあなただけの道ではありませんので、ハンドルを握ったら、周りの状況を把握しながら運転してください。

もし、知らない道や慣れていない道では、スピードを出したくないのであれば、路肩などに寄って後続車に道を譲る配慮をしましょう。

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)