湘南ナンバーのノア 住宅街の細い道路であおり運転

湘南ナンバーのトヨタ・ノアに、しつこくあおり運転をされている様子が撮影された。

動画の詳細

撮影者の車の後ろを走っていたノアが車間距離を詰めて走行していたので、撮影者は左ウィンカーを出して左に寄って譲ったところ、追い越した後に意味もなくブレーキを踏んできた。撮影者は、咄嗟にクラクションを鳴らすと、これに激怒したのか車を停車させ、ノアの運転手が撮影者の車に詰め寄り「なんだよ、この野郎」「降りろよ」などと怒鳴り散らし、「端に寄せて止まれ」と合図をして一度車に戻っていく。

しかし、撮影者は寄ると見せかけて追い抜いて無視すると、ノアが急いで追いかけ、車間距離を詰めながら蛇行運転、パッシング、逆走といったあおり運転を開始。

あおり運転をされながら走行していると、偶然にも警察官がいたので撮影者が助けを求めると、ノアの運転手も降りてきて、警察官に「譲るときに急ブレーキを踏まれた」「話をしたかったのに逃げられた」などと撮影者がまるで悪者のような言い方で説明する。結局、その場では結局お互い様ということで済まされたという。

後日、撮影者は納得がいかず、ドライブレコーダーの記録などを基に警察に相談し、警察からノアの運転手に口頭での注意を行ってもらい、本人は非を認め反省しているということだったため、撮影者は被害届は出さなかったという。

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)