あおり運転後に暴行 20代の兄弟が逮捕 熊本・山鹿市

2019年11月24日、熊本県山鹿市の県道であおり運転の末、相手の車に追突し暴行を加えたとして、20代の兄弟が逮捕されました。

兄があおり運転・弟が暴行

逮捕されたのは、大嶌宣克容疑者(25)と弟の仁斗容疑者(21)です。今月24日午後11時40分ごろ、2人は熊本県山鹿市の県道で、被害者の車を追い回して追突した上、相手の運転手に殴る蹴るの暴行を加えたとして逮捕されました。

警察によりますと、大嶌宣克容疑者が車で執拗に追い回し、被害者の車を追い越して進路を塞ぎ停車させ、大嶌仁斗容疑者が相手の運転手を暴行した後、逃走したということです。

警察は、あおり運転を巡るトラブルが原因として調べを進めています。

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)