【ナウト】あおり運転警告機能付きのドラレコが業務用で発売

2019年11月21日、【Nauto Japan合同会社】は、同社のAI搭載通信型ドライブレコーダー【ナウト】に対し、あおり運転を検知してドライバーに警告するなどの新機能を追加しました。今世間で起きているあおり運転の直接的な対策になるかについての考察は一旦置いておいて、ここでは新機能が追加された【あおり運転対策のドライブレコーダーの機能】を紹介したいと思います。

AIが自動で検知し注意を促す

ナウトは、ドライバーのわき見運転をAIが検出して警告する機能を備えたドライブレコーダーとして、企業向けに2017年に発売しました(日本は18年)。これまでに海外企業が400社、国内企業では100社以上がこのドライブレコーダーを採用しています。

今回追加されたのは、【あおり運転に対するリアルタイム警告】と【運転時の喫煙・携帯電話保持の検出】【自動事故レポート作成機能】の3つです。

【あおり運転に対するリアルタイム警告】は、AIが前方車両との距離を自動的に検出し、車間距離不保持が起きた場合にドライバーに注意を促す機能となっています。また、警告と同時に運行管理責任者にもリアルタイムで画像が送信されることになっています。

残り2つの機能については割愛させてもらいますが、実際に「カッ」と来た時にAIが注意を促してくれることで冷静になるかもしれませんね。ただ、現段階では法人向けのみで販売されているドライブレコーダーなので、一般向けに改良して発売してくれたら本当のリスク回避が実現するのかもしれません。

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)