首都高速であおり運転と傷害で逮捕 今野恵一容疑者の顔画像は?

2020年2月7日、東京・渋谷区笹塚の首都高速で急ブレーキをかけて後続車を止めて、運転手を殴ったとして、傷害の疑いで建設会社社長の今野恵一容疑者(47)が逮捕されました。

逮捕の容疑は?

傷害の疑いで逮捕されたのは、川崎市に住む建設会社社長、今野恵一容疑者(47)です。逮捕容疑は、渋谷区笹塚の首都高速で急ブレーキをかけて、後続の軽トラックを急停車させ、軽トラックの運転手の男性(30代)を殴り軽傷を負わせた疑いが持たれています。

犯行の動機・犯行の様子は?

犯行の動機は、クラクションを鳴らされたことで腹を立て、数キロにわたり車間距離を詰めるなどのあおり運転を繰り返したとされています。さらに、前方に割込み急ブレーキをかけて停止させ、車から降り「ふざけんじゃねーよ」などと怒鳴りながら近づき、窓を開けた男性の顔を殴ったとされています。

警察の取り調べに対し、今野容疑者は「つかみ合いになったが、殴っていない」と容疑を否認しています。

どこの建設会社?

情報によりますと、神奈川県にある【恵〇工〇株式会社】となっており、HPには代表取締役が今野恵一となっています。ただ、同姓同名の可能性もあるので○○で伏せさせてもらいます。

ネットの反応

・クラクション鳴らされるということは、何か危険な運転しているからだろう。それを逆キレ煽りおまけに暴行とはね。
・やっていることは石橋や宮崎と同レベル。運転してはいけない人種です。危険人物には二度と免許取らせるな。
・免許剥奪の上一生取得不可にするか、一生後悔するような懲役30年とかにしてやりたい。
・まだそんなことやってんのか。スマートに生きよう。
・ガラケー女は同乗して無かったのか。
・ハゲてるやん…。
・クラクションを鳴らされるには何か理由があるはず。首都高なら危険な車線変更、割り込みをしたとか何かだろうな。にも拘らず、腹を立て後続車を高速道路上に停めさせて暴力を奮うなんて言語道断。
・犯行の様子が、宮崎文夫と一緒wwww

返信を残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)